ユウカクチャネル
ユウカクチャネル
nicedaytour
ユウカクチャネル
どうしてもマンタを見たいのならこのポイント!と言っても過言で無いパラオNo.1のマンタ遭遇率を誇るポイントです。水深12mリーフにあるスリーロックのクリーニングステーション、水深20mの砂地にツーロックのクリーニングステーション、チャンル中央よりの深いクリーニングステーションがあり、各クリーニングステーションに適した潮がある。潮を狙って潜れば高確率でマンタに遭遇できます。他にもグレーリーフシャークやバラクーダ、オオメカマスの群も見られる。
ユウカクチャネル
ユウカクチャネル
ポイント紹介
ガイド このポイントを潜る為にはまず潮周りを考慮します。個人的には大潮周りは避けて小潮周りなら、高確率でマンタに遭遇できると考えています。上げ潮でも下げ潮でもどちらでも大丈夫ですが、潮があげ始めてからしばらくした頃が特に高確率でマンタに遭遇できると思います。逆に、透明度の事を考慮すると下げ終わり近くの時間帯は避けたいですね。基本的にはツーロックかスリーロックに焦点をあわせ、上げ潮ならスリーロック、下げ潮ならツーロックといった感じに潜ります。ツーロックからスリーロックと流す事もあり、時には途中でリーフから離れ水深28mのクリーニングステーションに立ち寄るロングコースもあり運がよければ3つのクリーニングステーションでマンタに遭遇できることもある。
ピックアップ
ピックアップ このポイントはマンタ狙いで潜りに行くわけですが、マンタを狙っているのは我々ダイバーだけではなく、どうやらハンマーヘッドもマンタを狙ってクリーニングステーション付近に出没するのではないかと考えられます。ぼくはここ1年間の間に3度スリーロック付近で4~5mくらいで背びれを高々とさせたグレートハンマーヘッドに遭遇していますし、他のダイブガイドよりも目撃証言がありますよ。
注意事項
スリーロックのクリーニングステーション付近は無数のムチヤギが生息しており、これはこれで幻想的な風景である。またムチヤギもれっきとした生物なので掴むなどはNGです。流れの中でマンタを観察する為にカレントフックを使用してください。マンタが現れても追いかけない、音を鳴らしすぎない。時々手を伸ばせば届く距離まで近づいて来ることもありますが触らない。また他にボートがいないこともしばしばあるので、万一に備えてシグナルフロートも必須です。
お客様からもおすすめ
お客様 澤田 守さん
これまでマンタ運が無かったのですが、突然大きな物体が目の前に現れました。マンタです!その後、大きなハンマーヘッドが現れました。パラオでハンマーヘッドは珍しいとか。初めてマンタが見れた上、ハンマーヘッドまで見る事ができてラッキーでした。
お客様 浅野 敦子さん
今回は二本目、諦めかけていた頃4~5m程の大物マンタ登場!前回は7枚大接近でみられました。 他のポイントと離れていますがマンタ狙いなら外せません。ここは信頼できるガイドさんにおまかせするしかないですね!
ガイド 松尾 悟
サムズツアーズ
http://www.samstours.info/
‘93年よりパラオの海をガイドしており、パラオのダイビングポイントの場所と地形は全て頭の中にある人間GPS&ナビゲーター! 「ビギナーダイバーにはストレス無く、ベテランにはエキサイティングに」をモットーとしている。ドリフトダイビング大好きなワイド系ダイブガイド。
サムズダイブツアー
最少催行人数2名さまよりユーカクチャネルにご案内できます。 このポイントに潜るためにはガラスマオ州よりのパーミットが必要となります。