ゲロンアウトサイド
ゲロンアウトサイド
nicedaytour
ゲロンアウトサイド
ゲロンアウトサイド
パラオは西側のブルーコーナー近辺に有名ポイントが集中しているが、夏場など西風が吹くととこの方面は荒れる。その場合、東側のポイント「ゲロンアウトサイド」は凪となり一押しのダイナミックポイントとして活躍する。ブイの付け根で水深8m。少し沖に出て底なしのドロップオフを気持ちよくドリフトできる。外洋なので透明度もよく、流れがあればたくさんのサメや光りモノと遭遇できる。
ポイント紹介
ガイド 豪快なドリフトでパラオらしいワイドのダイビングがダイバーのレベルを問わず楽しめる。透明度もペリリューのように驚くほど青いときも多い。上げ潮の流れで潜ると最も回遊魚が多く、グレイリーフシャークが回って迫力がある。ドロップオフの立派なイソバナや、シャワーのごとく限りなく流れてくるクマザサハナムロは定番で誰もが魅せられる。また、マンタやオルネイトイーグルレイ(マダラトビエイに似ているが模様がマーブルでシマシマの長いしっぽの珍しいトビエイ)が沖を泳いだりすることも時々あり、予想外のラッキーも期待できる。
ピックアップ
ピックアップ 外洋であるゲロンアウトサイドで豪快なダイビングをしたあと、そこから数分のゲロンインサイドにボートをとめて静かな島影で休憩を取ることが多い。シケの時もインサイドは凪で、砂地の浅場のスノーケリングなども楽しくのんびりできる。
注意事項
西風で海が大荒れのときに選ばれることが多いポイントで、その場合水面は波が高い。波がある中でのエキジットとなるのでガイドが浮上といったら全員そろって浮上し(水面ギリギリで待機しないこと)、グループ全員で固まって待つと、ボートは大変ピックアップしやすくスムーズにエキジットできるので各個人が心がけて協力してもらいたい。
お客様からもおすすめ
お客様 三島 保美さん
エントリーして透明度の高さと陽の明るさに驚かされる。様々なサンゴ、中層に回遊するグレイリーフシャーク、見ごたえたっぷりのドリフトダイブを楽しめた。
お客様 福田 真弓さん
ポイントに着いて、水面からでも透明度の良さに感激。潜ると、棚のサンゴや壁沿いの大きなウミウチワに感動。真っ青な中に泳ぐサメに圧倒されたダイビング。気持ちのいい時間でした。
ガイド 東出 陽子
Fish’n Fins
パラオ暦約10年。ダイブ本数5100本(2009年1月現在)。多国籍なこの店で日本人部門の開拓を1人でこなし、取材、撮影の補佐などの経験も多い。
Fish’n Finsは欧米人経営で異国情緒たっぷり。ダイブタイムは50-60分でベテランが多く開放的な雰囲気。NITROX無料、ハウスリーフダイブ無料、ランチは20種類から選べ、海の見えるオープンテラスのバーでくつろげる。