ゲメリスコーラルガーデン
ゲメリスコーラルガーデン
nicedaytour
ゲメリスコーラルガーデン
多くのメジャーポイントが集まるゲメリスエリア。『ゲメリスコーラルガーデン』はメジャーポイント『ニュードロップオフ』の隣、コロールからスピードボートで約40分の位置にあります。ドロップオフではなく、常に水底を確認しながら潜ることができるポイント。流れの影響もあまり受けないので初日の1本目にこのポイントを利用するショップが多いのですが、そんな状況ではこのポイントのすばらしさを伝えきれていないと思います。チェックダイブなどで入ったあとにブルーコーナーや多くのメジャーポイントに入ってしまいますから、記憶も薄れるでしょう。また、初日の1本目は皆さん余裕も無いですからね。このポイントはパラオの海に体が馴染んでからまた改めて潜ってもらいたいポイントです。
ゲメリスコーラルガーデン
ゲメリスコーラルガーデン
ポイント紹介
ガイド ハードコーラルが綺麗なこのポイント、このポイントはある意味難しいポイントです。なぜなら、カメラ持ちの方にはワイド?マクロ?どっちもいけるけどどっちも無いと大変、そんなポイントです。半径50mのエリアで1時間潜れますよ!エントリーする場所が重要ですが、細かい情報は秘密です。今のところ、あまり利用するショップがないことが幸いし、ルールさえ守っていただければかなり自由に潜っていただくことができます。もちろんその判断はガイドである私たちが行います。ここのコーラルのすばらしさを写真でどう表現するか?それが今の自分の課題です。しかし残念なことに水温が高いせいでしょうか、白化しているサンゴを多く見かけるようになりました。ぜひ早いうちに皆さんに潜ってもらいたいポイントですね。あれ、魚のこと書いていませんでしたね・・・、敢えて書くの止めておきましょう。群れ、大物ガンガンのパラオも好きですが、こんなパラオの一面もぜひ見て欲しいですね。
ピックアップ
ピックアップ ここのお勧めはなんと言ってもきれいなハードコーラルたち、なんですが・・・。何とか写真に収めたい魚の群れがいます。それは???『ヒメフエダイ』の群れ。この魚、非常に警戒心が強くなかなか近づけません。言っておきますが、追っても無理です。もちろん魚を見る、写真を撮るために魚を追い回すのはマナー違反ですから注意してください。
パラオオ訪れるダイバーの皆さん、きちんと魚へのアプローチの仕方を習得しましょう。さらに、マニアックですが水温が下がらないことが原因で白化しつつあるイソギンチャクも観察できます。ここは、潜りながら環境の変化についても考えさせられるポイントの一つです。
注意事項
・ コーラルを壊さぬよう充分注意してください。
・ 浅瀬で過ごすことが多くなりますので浮かないように注意してください。特に浅瀬の魚を狙ってるといつの間にか浮いちゃいますからね(笑)
お客様からもおすすめ
お客様 佐藤 恵さん
ここ、ゲメリスコーラルガーデンはまさにその名の通り『サンゴのお庭』。 太陽の光に照らされた色とりどりのサンゴたち、その景観は「キレイ」の一言に尽きます! パラオと言えば、大物・深いブルーというイメージが強かった私ですが、ゆっくりと地形やサンゴを楽しめるこのポイントを知ってからパラオでのダイビングがますます楽しくなりました!
お客様 斉藤 聡美さん
輝くブルーを背景に、どこまでも続く海の中のお花(珊瑚)畑…、とても印象に残るダイビングでした。流れも緩やかで、他のポイントでは見逃してきたきれいなお魚をじっくりと眺めることができ、とても幸せな気分になりました!次回のパラオでも、またぜひ潜ってみたいポイントです。
ガイド 小川 明之
ネコマリン
http://www.necomarine.com/japanese/
パラオ入りしてはや10年。最近では年長のベテランガイドに『おじさん』と呼ばれる始末・・・。そんなことにはめげず、ダイビングをはじめスノーケリングツアーやランドツアーも精力的にこなす自称マルチガイド!