パラオの行き方
nicedaytour
パラオの基本情報
◇ パラオの行き方・空港
パラオ空港出入国の流れPDF
パラオ空港
Googlemapでパラオ!
パラオ関連書籍
日本からパラオへ
現在、日本からパラオ共和国へはコンチネンタル航空、日本航空で行くのが便利。
その他、フィリピン、台湾、韓国等からも航空便が運行中、また世界周遊等の大型客船の寄港地として訪れることもある。
コンチネンタル航空を利用する場合
日本8都市(千歳、仙台、新潟、成田、名古屋、岡山、広島、福岡)からグアムを経由してパラオへ。グアムまで約3時間、グアムからパラオまで約2時間のフライトになる。
詳しいフライトスケジュールはコンチネンタル航空のホームページで。
http://www.continental.com/jp/
日本航空を利用する場合
成田、名古屋、関西からチャーター運行され(予め設定された出発帰着日)、パラオまで約5時間の直行便になる。
詳しいフライトスケジュールは日本航空のホームページ、または取扱旅行会社に確認するのが良い。
http://www.jal.co.jp/charter/#palau
パラオ出入国基本情報
査証(ビザ)
30日以内の観光、商用、外交、公用目的の滞在はビザ不要。
ただし往復航空券所持が必要。滞在が30日を超える場合は現地延長が可。
詳しくはパラオ共和国日本大使館まで。
旅券(パスポート)
入国時6ヶ月+滞在日数 *旅券の未使用査証欄 1ページ以上が必要
出入国カード
パラオ入国の際、出入国カード(EDカード)と税関申告書の提出が必要です。
機内で配布されるのであらかじめ記入しておくと入国がスムーズになります。
→パラオ政府観光局ホームページの入出国カード・税関申告書の記入例
出国税
パラオを出国する際、空港にて1人$20(3歳未満は無料)とグリーン税1人$15が必要です。
チェックインを済ませたら並びのカウンターにて現金で支払います。
出入国税関規制
▼入国時
通貨 T/Cなど現金以外も含め、US$5,000以上の持込は要申告
金貨/金 要申告
たばこ200本まで(1カートン)
酒1USクオート(約0.95リットル)※成人に限る
土産品US$100相当
持ち込み禁止なもの 植物、果実、肉類などの生鮮食品、ハイチからの皮製品、ワシントン条約禁止品など
▼出国時
通貨 無制限(T/Cなど現金以外も含めUS$5,000以上の持込は要申請)
たばこ/酒 無制限
※下記情報はパラオ政府観光局の情報を参照。
パラオ国際空港
パラオ国際空港はバベルダオブ島のアイライ州にある。2階建てのとても綺麗な建物。
コロールの中心街からはクルマで約30分程。空港の周りには宿泊施設、売店等は一切ないが、空港内にはレストラン、カフェ、お土産物店、レンタカーサービス等がある。
到着時は機内で配られる入国カードを記入の上、入国審査を受け、バゲージクレームで預け荷物を受け取る。その後、税関を通過して進むと日本からのパッケージツアーの場合は現地係員が待っており名前を呼んでくれる。個人で行く場合も空港でタクシーをつかまえるのはなかなか難しいので、事前に送迎の手配をしておくことをおすすめ。
出発時は離陸時間の2時間前までには航空会社のチェックインカウンターで搭乗手続きを済ませ、出国税を支払う。その後、2階に上がり出国審査、セキュリティーチェックを受け出発ロビーへ。係員の案内で順次機内へ。
到着時、出発時共に、小さな空港なので迷うことはないが、深夜の到着出発時間が多いので忘れ物等には十分に気をつけたい。

パラオ空港 パラオ空港 パラオ空港 パラオ空港
※1.パラオ国際空港の正面 2.入り口の天井には綺麗な海中世界が描かれている 3.空港内は広々としている 4.出発ロビーにはベンチが設置されているので出発時刻までゆっくりとできる
オーシャンビューラウンジ
2009年夏にオープンしたラウンジ。空港建物に向かって右側の建物1階にあり、利用は有料になる。広く落ち着いたラウンジとインターネットPC、シアタールーム、バー等があり、出発までに時間をゆっくりと快適に過ごすことが出来る。また、広い化粧室とシャワーがあるのも嬉しい。

オーシャンビューラウンジ オーシャンビューラウンジ
グアム国際空港
コンチネンタル航空を利用してパラオに行く際にはグアムでの乗継ぎが必要になる。もちろん、グアムでの滞在をアレンジすることも可能。
到着時は機内で配られる米国入国カードを記入の上、まずは入国審査へ。乗継ぎの場合は税関申告書の記入は不要。乗継ぎ時は入国審査後、階下の出口に向かわずに案内に従い出発ロビーへ。途中、セキュリティーチェックがある。出発ロビーには多くの免税店やフードコーナーがあるので待ち時間も快適に過ごすことが出来る。

グアム空港 グアム空港 グアム空港 グアム空港
※1.到着後はまず入国審査へ 2.空港内にはDFSなど多くのお店がある 3.登場時間は度々チェックして気を付けたい 4.フードコーナーも充実、喫煙コーナーも有り