ダイビングポイント情報
nicedaytour
パラオの潜り方
ダイビングサービス情報
ダイビングガイド名鑑
パラオお魚図鑑
パラオダイビングポイント情報
パラオには東西南北にダイビングポイントが点在する。ブルーコーナーなど世界有数のポイントとしてあげられるほどのポイントや、その他のメジャーなポイントだけでも20ポイントを下らない。その他にも各ダイビングサービスのオリジナルポイントや、日々新しいポイントが開拓され数えきれないほどのポイントがある。ここではそのほんの一部を紹介します。
ポイントマップ
ブルーコーナー
ブルーコーナー
パラオのダイビングの代名詞と言えるポイント。すごいの一言。ここに魅了され、パラオに通い続けるダイバーも多い。なかには住み着いてしまう人もいるほどのビッグポイント。
ブルーホール
ブルーホール
パラオ随一の地形ポイント。リーフ上に縦から4つの穴、横から大小1つずつ穴が空き、中で大きなケーブになっている。降り注ぐ美しい光に包まれてダイバーであることを幸せに思う。
ユーカク
ユーカク(005/007)
北部にあるマンタ三昧ポイント。005、007と名付けられた2つのクリーニングステーションを中心にマンタを目前にすることが出来る。時には10枚を超える群れが現れることも。
シアズトンネル
シアズトンネル
ドロップオフに開いたトンネル状のケーブポイント。トンネルの入り口付近でも25m前後と深いが、地形と光が織りなす美しい景観は一見の価値有り。マクロ(小魚)ポイントしても知られる。
ウーロンチャネル
ウーロンチャネル
ウーロン島の先にあるリーフ上に出来た天然の水路を流れされながらドリフトダイブを楽しむ。水路内は豊かなサンゴが観察でき、水路を出た外洋ではカマスやアジの群れに遭遇することも。
ニュードロップオフ
ニュードロップオフ
ブルーコーナーがダイナミックな男性的なポイントであるなら、ここは美しい女性的なポイント。可愛らしいヨスジフエダイの群れや壁一面に咲き乱れる花のようなカスミチョウチョウウオが印象的。
ジャーマンチャネル
ジャーマンチャネル
同名の水路を抜けた先にあるマンタポイント。マンタだけでなく、中層には魚の群れ、水底の砂地にはガーデンイールやハゼ等魅力の尽きないポイント。時にはマンタの捕食シーンを見れることも。
タートルコーブ
タートルコーブ
エントリー場所のリーフに小さなケーブ、ケーブを出て壁沿いに進むとスミレナガハナダイの群れや、マダラタルミ、ギンガメアジの群れ。リーフの上にはキュートなモンツキカオルウオが。
ペリリューコーナー
ペリリューコーナー
時には吐き出した泡が真横に流れてく程の激流になることもある上級者向けのペリリューエリア。しかしながらその海の魅力は底知れず巨大な群れからレアな大物遭遇率も高い。
イエローウォール
イエローウォール
黄色いソフトコーラルがドロップオフの壁一面に着いていることが名の由来。そしてその壁を覆い尽くす程のイレズミフエダイがある時期に群れる。これも見れるのは世界でパラオだけでは。
ゲロンアウトサイド
ゲロンアウトサイド
東側の代表的ポイント。カマスやメジロザメなどが勇壮と中層を泳ぐ姿にうっとり。時にはマンタなど意外な大物が出現することも。リーフ上にある巨大シャコガイもこのポイントならでは。
パラオロイヤルリゾート
マリンレイク
ロックアイランドに囲まれたマクロポイント。美しい光が差し込む海中にはマンジュウイチモチ、ギンガハゼ、ニシキテグリ等マクロの人気者が勢揃い。水上の景観も素晴らしい。